HOME >> 大家の体験コラム>>アパート探索/旭川編
その他のお勧めページ→ 売り物件情報サイトアパートローン情報サイト  

■アパート探索/旭川編  2003年  

いつものように、日曜の昼下がり<イサイズ>で物件検索をしていると、
なにから「いい匂い」の物件が!


物件データ
場所 北海道旭川市
金額 1800万円
建物 平成7年築
間取り 1DK × 8室
月収 28万円
年収 336万円
利回り 18.6%
駐車場 3台(近隣に月極あり)
現況 満室


どうです!!いいんじゃな〜い??
平成7年築と築浅な物件でありながら利回りはな・なんと18.6%。
しかもよくある満室予想時ではないんですヨ。実際満室なんです!!


私の心臓は高鳴りまちゅた。
いい物件さん、僕に見つかってくれてありがとう。(← 意味不明(笑)  )
そんな余韻に浸る間もなく、即資料請求。


早く資料が届かないかな〜、と思うこと2日間。やって来ました、物件君。
名付けて「旭川君」(物件に名付けをしているのは私だけでしょうか?)


資料を見ても、やっぱり魅力的。資料をいただいた業者さんに早速お電話いれて
詳しい話を聞かなくちゃ。「コテツと申しますが、担当の○○さんをお願いします。」
すると感じのいい女性の声が。今回旭川の物件は特にオススメとのこと(やっぱし〜)



ぜひ建物を見てみたい。そう思った私は旭川出張を思い立ちました。


ただ、ここで1つ問題が発生。この物件を購入するには、
銀行様からローンを組まなければなりませぬ。

その場合、遠隔地扱い(住まい長野、物件旭川のため)となり、
融資を受けるのがかなり難しいのです。
(注:当時長野在住)


ですが、業者の方が地元(旭川)の金融機関と”一生懸命”交渉して下さることに。
ローンが通ることを祈りつつ、物件とご対面の日時を決めた。あとは出発するのみ!



10月上旬、羽田空港に向かう「あさま」の中ですっかり心は踊っていた。


「あ〜ついに2棟目購入か〜」 (← もう勝手に決めている(笑) )
なんか、どんどん夢に近づいて行って幸せ過ぎて恐い♪恐い♪


そんなあぶない空想をしている私の身なりはもっとあぶない?。
って言うか、凄いことになりました。


奥様に10月上旬でも旭川は
極寒と聞き旭川対策グッズとして、
「ダウンジャケット」「マフラー」「ももひき」(←なぜか持っている)を装着して
長野の自宅を出発したのですが・・・


東京駅に降りたら「暖かい」を通り越して「暑い〜〜〜!!!」
そんな「季節はずれ」な格好をしているのは東京中でたぶんたった1人。
山手線の中で重装備の自分の横にTシャツ1枚の学生が横に座るし。
(かなり恥ずかし〜い)



そんな思いをしながらも10:00頃旭川空港に到着!
10月初旬でも気温7度。(確かに寒い!)


空港からバスで旭川駅までの道のり約20分。
駅前に着いたとき、驚きました。駅前が、長野より栄えている!!


う〜ん、旭川侮れず!街としても結構いいかも!
旭川駅から今度は物件の所在地まで、また20分。

「大学そば」が売りになっている物件へ、いざご対面。
ん〜、まるで初恋の人に会うようにドキドキ。












はて?



バスから降りると、そこには何もない。
いや、正確にいうと、ポツリ・ポツリとしか家がない。
なんば寂しいとこや〜(何弁?)


少し不安を覚えます




のどかな風景の中、物件君をついに発見!!
ん?物件君、たしか平成7年生まれだったよね!?
君みょ〜に老けてない?


結構不安を覚えます




そう、何故か築浅物件なのに古めかしいのです。
そして、1階の玄関前の庭は元気な雑草で一杯。それもヒザ上くらいまで。


かなり不安を覚えます




そしてついに見てはいけないものを発見しました。
「空室有り・入居者募集中」の案内看板が窓に〜。

アンビリバボー!!


激しく不安を覚えます




出発前日に満室の確認もちゃんと再度とったのに・・
やもりのように、窓にへばり付いて空室数の確認をとると・・・


一部屋〜、二部屋〜、三部屋〜(番町皿屋敷風♪)
おい、おい全然満室じゃないよ〜!!


ついに不安は爆発!




確認のため、賃貸を募集している看板の不動産会社に電話すると、
3部屋空室で間違い無しとのこと・・
しかも、結構長い間空室だそうです。



ホワ〜イ?一体どうなってるザマス??パニック状態で物件紹介業者に電話すると、
担当者曰く「あれ〜、空室ありました?おかしいな〜」


聞きました、皆さん?ハイ、それでは一緒にツッコミましょう♪




おかしいのはあなたです!
間違い無く


「ちょっと確認してみるから少し待っててね〜♪」
寒い雨の中待たされること20分。携帯電話の乾いた音が鳴り響いた。


「はい、もしもし」 ←(怒りで低い音程になっている)

「いや〜、スイマセン。つい最近一部屋空いたみたいですね。
でもすぐ埋まるから心配しちゃダメですよ〜」


最近だ〜?心配するなだ〜?そもそもおっちゃんは一体何処に確認してるの?
激しい怒りとともに、終わった!という諦めの気持ちが込み上げてきた。



このまま事実を突き付けて、おっちゃんに怒りをぶつける
ことも出来るが、あまり意味がない気がする。

業者のおっちゃんには、現地行って今物件の目の前にいること、
空室が3部屋あること、その空室が長い期間でありそのことを
賃貸業者から確認済みであることを伝え、買い付けの辞退を申し出た。



おっちゃんは、何やらいい訳をしていたが、虚脱感から私の耳には届かなかった。
ただ、最後に「これに懲りずにまたいい物件を紹介するからよろしく〜♪」
この言葉だけが聞こえた。


もはや怒る気力もなく、「おっちゃん、長生きしいや!」とだけ言って
電話を切り、寒い旭川を後にした。




<おまけ>


旭川空港にて帰りの予約チケットを航空券に変えようと
航空会社のカウンターで手続きしていると

「コテツ様、こちらのチケットは羽田→旭川でご予約されていますが・・」


コテツ「・・・・・???・・・・・・???、意味が良く分らないンですけど・・」
コテツ「つまり羽田の担当者の方は往復の羽田→旭川、旭川→羽田の
チケットを予約しないで、羽田→旭川、羽田→旭川のチケットを予約したってこと?」


J○L職員「そのようになっています(キッパリ)」


ありえね〜(半分キレテイルので言葉が乱暴になっている)
どう考えたら同じ人が、同じ日に羽田→旭川の同方向チケットを
2枚予約するんだよ!!

その旨を最後の理性を振り絞って、
ピクピク引き攣る笑顔で説明し、


コテツ「手違いなので、直して貰えますか」
J○L「急に申されても便があるかどうかは・・」


プチンッッ(全てが切れた音)


以後見苦しい為ご想像にお任せします・・






 HOME >> 大家の体験コラム>>初めての物件下見
その他のお勧めページ→ 売り物件情報サイトアパートローン情報サイト


 
HOMEアパート経営の仕組み物件探索アパートローン情報売り物件情報セミナー情報大家の自己紹介
入門「素人ゼロからのアパート経営」
http://www.nyu-mon.net.com/
http://ooyasan.fc2web.com/
メール
メールはいつも1通づつありがたく読ませて頂いております。返信が遅くなる場合もあることをどうかお許し下さい
【免責】当サイトの利用にあたり、万一不利益・損害が発生した場合も一切その責任を負いません
Since 2003/7/11  Copyright(C) KOTETU  All Rights Reserved